Guided Missile Destroyer DDG Hatakaze Class
 対空誘導弾搭載護衛艦「はたかぜ」型
対空誘導弾搭載護衛艦「はたかぜ」型・DDG Hatakaze Class
●Spec

●基準排水量:4600t(しまかぜ:4650t)/満載排水量:5900t(しまかぜ:5950t)
●主要寸法:全長150.0m×幅16.4m×深さ9.8m×喫水4.8m
●エンジン:ガスタービン4基(COGAG)2軸 出力:72000PS
●速力:約30kt
●船型:遮浪甲板型
●乗員:約260名
●主要装備:スタンダードSAM単装発射機Mk13×1 127mm54口径単装連射砲Mk42×2 高性能20mm多銃身機関砲(CIWS)Mk15×2 対艦ミサイル・ハープーンSSM4連装発射筒×2 アスロックSUM8連装発射機Mk112×1 3連装短魚雷発射管×2 

 艦記号・番号・艦名
竣工
造船所
所属
定係港
備考
S61.03.27
三菱長崎
第1護衛隊群第1護衛隊
横須賀
S63.03.23
三菱長崎
第4護衛隊群第8護衛隊
佐世保
●「あまつかぜ型」、「たちかぜ型」につづく海上自衛隊、第3世代のDDG(ミサイル搭載護衛艦)です。
●前方からの経空脅威に迅速に対処するためMk13 スタンダードSAM発射機を前甲板に配置したのが外観上の最大の特徴で、このSAM発射機を波浪から保護するため、海上自衛隊の護衛艦としては唯一、艦首に大型のブルワーク(波よけ囲壁)とナックルラインが設けられています。
●本級は海上自衛隊のDDGとして初めての試みとなったオール・ガスタービン(COGAGシステム)で、推進プラントには、スペイ、オリンパス各2基による異機種ガスタービンの組み合わせという、当時世界的にも例のない構成を採用しています。このスペイ、オリンパス各2基の排気塔を束ねた大きな煙突も特徴です。また、海自DDGでは初めてヘリコプターの発着艦も可能になっています、ただし格納庫は備えていません。
●イージスシステム搭載艦の出現で、艦隊防空艦としての価値は相対的に低くなっています。
写真をクリックして頂くと、大きい写真が見られます。(新規ウィンドウで開きます。)
DDG-171 護衛艦はたかぜ
DDG-172 護衛艦しまかぜ
DDG-172 しまかぜ
DDG-171 護衛艦はたかぜ
DDG-172 護衛艦しまかぜ
DDG-172 護衛艦しまかぜ
DDG-172 護衛艦しまかぜ
DDG-171・護衛艦はたかぜ
DDG-171 護衛艦はたかぜ
DDG-172 しまかぜ
DDG-171 はたかぜ
DDG-171 はたかぜ
しまかぜ 艦尾
DDG-172 しまかぜ
DDG-172 しまかぜ
しまかぜ 艦尾
DDG-172 しまかぜ
DDG-172 しまかぜ

Vessel And Ships Photo Gallery 海上保安庁・船艇 海上保安庁・船艇の掲載リスト 船の写真館・VSPG 艦船の博物館・資料館・展示物の写真 艦船用語の説明 サイトマップ



艦艇と船艇の写真館 Topへ  更新履歴



Copyright (C) Vessel And Ships Photo Gallery. All Rights Reserved.