Patrol Vessel Medium PM「あまみ」型
 350トン型巡視船 PM「あまみ」型
350トン型巡視船・PM「あまみ」型
●Spec

●総トン数:249t
●主要寸法:全長56.0m×幅7.5m×深4.1m
●エンジン:ディーゼル2基2軸 出力:7000PS
●速力:約25kt
●船質:高張力鋼
●航続距離:
●乗員:約33名
●主要装備:20mm多銃身機銃×1
●航行区域:近海

 船記号・番号・船名
竣工
造船所
管区
配置
備考
 PM-95 あまみ
H04.09.28
日立神奈川
第七管区
佐世保
H07.11.24
日立神奈川
第六管区
徳山
まつうら→くろかみ
 PM-97 いぶき
H10.08.26
三菱下関
第六管区
高松
くなしり→いしかり→いぶき
 PM-98 ほろべつ
H10.08.26
三菱下関
第一管区
小樽
みなべ→ほろべつ
●平成13年の「九州南西海域工作船事件」で、北朝鮮の工作船から銃撃を受けて一躍有名になった本型は、本来は高速密漁船への対応や事故現場への進出時間短縮のために速力を向上させたタイプで、半滑走船型を採用し、軽量化のため上構は軽合金、船体は高張力鋼とされています。
●船尾に警備救難艇用の(ウィンチによって斜面を昇降させるという)スリップウェイを設けており、「工作船事件」では後進全速をかけた際に波で搭載艇がトーイング・ビームに押しつけられて破損しましたが、通常の使用では問題ないようです。
●3,4番船は1,2番船の使用実績を取り入れて小改正が施されており、外観的にはマストの形状が変更されています。
●20ミリ多銃身機銃は当初手動式でしたが、現在は全船遠隔操作式(RFS)に改められています。
●工作船事件で銃撃を受けた「あまみ」の船橋前面は、呉の「海上保安資料館」に展示されています。
写真をクリックして頂くと、大きい写真が見られます。(新規ウィンドウで開きます。)
PM-96 巡視船くろかみ
PM-98 巡視船みなべ
呉の 海上保安資料館 に展示されている、被弾した巡視船「あまみ」の船橋前面部分 →
被弾した巡視船「あまみ」の船橋部分
 
被弾した「あまみ」の船橋部分

Vessel And Ships Photo Gallery 海上自衛隊・艦艇 海上自衛隊・艦艇の掲載リスト 船の写真館・VSPG 艦船の博物館・資料館・展示物の写真 サイトマップ



艦艇と船艇の写真館 Topへ  更新履歴


Copyright (C) Vessel And Ships Photo Gallery. All Rights Reserved.