Guided Missile Destroyer DDG Kongou Class
 対空誘導弾搭載護衛艦「こんごう」型 イージス護衛艦
イージス護衛艦「こんごう」型
●Spec

●基準排水量:7250t/満載排水量:9485t
●主要寸法:全長161.0m×幅21.0m×深さ12.0m×喫水6.2m
●エンジン:ガスタービン4基(COGAG)2軸 出力:100000PS
●速力:約30kt
●船型:平甲板型(遮浪甲板型)
●乗員:約300名
●主要装備:127mm54口径単装連射砲(OTOメララ社)×1 高性能20mm多銃身機関砲CIWS(Mk15)×2 対艦ミサイル・ハープーンSSM発射筒×2 スタンダードSAM/アスロックSUM・VLS(Mk41)×2(前部29+後部61セル) 3連装短魚雷発射管×2 イージス防空システム

 艦記号・番号・艦名
竣工
造船所
所属
定係港
備考
H05.03.25
三菱長崎
第1護衛隊群第5護衛隊
佐世保
H07.03.16
三菱長崎
第2護衛隊群第6護衛隊
横須賀
H08.03.14
三菱長崎
第3護衛隊群第3護衛隊
舞鶴
 4番艦 DDG-176 ちょうかい
H10.03.20
石播東京
第4護衛隊群第8護衛隊
佐世保
●海上自衛隊、初のイージス艦です。多目標同時対処可能なイージス防空システムを搭載しており、米海軍の「アーレイ・バーク級イージス駆逐艦」をタイプシップとしています。
●「イージス」とはギリシャ神話に登場する最高神ゼウスが娘アテナに与えた、あらゆる邪悪を払う「無敵の盾」のこと・・・だそうです。
●これまでの護衛艦に比べ艦橋構造物の大きさが際立ち、外観上最大の特徴は、イージスシステムの「眼」であるSPY-1Dフェーズド・アレイ・レーダーを4方向に固定配置していることです。またこのSPY-1Dレーダーの後方視界を確保するため、煙突を含む後部構造物は、艦橋構造物に比べ横幅を極力抑えたタイトな造りになっています。
●竣工時「こんごう」「きりしま」「みょうこう」の3隻は、アメリカのイージス戦闘システム・ベースライン4に相当し、「ちょうかい」はベースライン5に相当します。
2014年時点では、全艦がベースライン5.2に改修されています。
●2007年からハワイ近海で毎年行われてきた、「こんごう」型のSM-3発射試験が、2010年10月の
DDG-174 きりしま SM-3ブロック1Aの発射試験の成功により完了。これにより4つの護衛隊群すべてにイージスBMD搭載護衛艦が配備される事になりました。
●映画「亡国のイージス」では、3番艦
DDG-175 みょうこう が主役艦の護衛艦「いそかぜ」の役を務めています。
写真をクリックして頂くと、大きい写真が見られます。(新規ウィンドウで開きます。)
DDG-173 護衛艦こんごう
DDG-174 護衛艦きりしま
DDG-175 護衛艦みょうこう
DDG-173 護衛艦こんごう
DDG-174 護衛艦きりしま
DDG-175 護衛艦みょうこう
DDG-173 こんごう
DDG-174 きりしま
DDG-175 みょうこう
DDG-173 こんごう 佐世保立神桟橋
DDG-173 こんごう
DDG-175 みょうこう DDG-174 きりしま
DDG-173 こんごう 佐世保立神桟橋
こんごう 左舷後方より
DDG-175 みょうこう DDG-174 きりしま
護衛艦「こんごう」型、参考書籍
海上自衛隊ホームページ

Vessel And Ships Photo Gallery 海上保安庁・船艇 海上保安庁・船艇の掲載リスト サイトマップ 艦船の装備・兵装用語の説明 船の写真館・VSPG 艦船の博物館・資料館・展示物の写真



艦艇と船艇の写真館 Topへ  更新履歴




Copyright (C) Vessel And Ships Photo Gallery. All Rights Reserved.