Escort Vessel DE Abukuma Class
 近海警備用護衛艦「あぶくま」型
近海警備用護衛艦「あぶくま」型
●Spec

●基準排水量:2000t/満載排水量:2900t
●主要寸法:全長109.0m×幅13.4m×深さ7.8m×喫水3.8m
●エンジン:ガスタービン2基・ディーゼル2基(CODOG)2軸 出力:27000PS
●速力:約27kt
●船型:長船首楼型
●乗員:約120名
●主要装備:62口径76mm単装速射砲×1 高性能20mm多銃身機関砲(CIWS)×1 ハープーンSSM4連装発射機×2 アスロックSAM8連装発射機×1 3連装短魚雷発射管×2

 艦記号・番号・艦名
竣工
造船所
所属
定係港
備考
H01.12.12
三井玉野
直轄第12護衛隊
 2番艦 DE-230 じんつう
H02.02.28
日立舞鶴
直轄第15護衛隊
大湊
H03.01.23
三井玉野
直轄第15護衛隊
大湊
 4番艦 DE-232 せんだい
H03.03.15
住重浦賀
直轄第14護衛隊
舞鶴
 5番艦 DE-233 ちくま
H05.02.24
日立舞鶴
直轄第15護衛隊
大湊
 6番艦 DE-234 とね
H05.02.08
住重浦賀
直轄第12護衛隊
●平成元〜5年に6隻就役した近海警備用(地方隊配備用)DEです。
●昭和61年度計画当初は「地方隊配備用DE」として計画、建造されましたが、2008年3月の海上自衛隊部隊組織改編に伴い地方隊所属から護衛艦隊直轄所属に変更されています。
●海上自衛隊の護衛艦で初めてステルス対策を導入したのはこの「あぶくま」型で、船体の舷側には傾斜がかけられています。ただ上構は従来の護衛艦と変わらず垂直に立っており、マストも複雑かつ大型で実質的なステルス対策からは程遠く、護衛艦の総合的なステルス対策の導入は「むらさめ」型 からということなります。
●居住性は以前のDEに比べて格段に向上し、科員居住区の2段ベット化が図られています。また兵装も強力で、「はつゆき」型DD に準ずる内容になっています。
●主機にCODOG方式(Combined Diesel or Gas Turbine)を採用した点は「ゆうばり」型DE や「いしかり」型DE と同様ですが、両者と異なり推進プラントは2組(高速用:スペイSM1Aガスタービン2基、巡航用:三菱S12Uディーゼル2基)から成っています。
写真をクリックして頂くと、大きい写真が見られます。(新規ウィンドウで開きます。)
DE-229 護衛艦あぶくま
DE-231・護衛艦おおよど
DE-232 護衛艦せんだい
DE-234 護衛艦とね
DE-234 護衛艦とね
DE-232 護衛艦せんだい
DE-234 護衛艦とね
DE-232 護衛艦せんだい
DE-229 護衛艦あぶくま
DE-234 とね
せんだい YT-84 YT-78
DE-229 あぶくま 舞鶴北吸桟橋
DE-234 護衛艦とね 高知港
せんだい YT-84 YT-78
あぶくま 艦尾
DE-234 とね DE-232 せんだい
DE-232 せんだい DE-234 とね
あぶくま 艦尾
DE-234 とね DE-232 せんだい
佐世保倉島岸壁
DE-232 せんだい DE-234 とね
呉Eバース
 
  ※DVD 「JMSDF FLEET POWERS 3」海上自衛隊50年史
海上自衛隊50年の歴史をまとめた作品で、貴重な映像がたくさん出てきます。
もちろん「あぶくま」型もしっかり登場しています。


※DVD「不肖・宮嶋 これがホンマの海上自衛隊、スーパーウェポンや!! 」
海上自衛隊の艦艇を知り尽くした宮嶋茂樹氏が佐世保基地内
「DE-232 せんだい」艦上から「あぶくま」型についてレポートしています。
その他の内容も充実していて、とてもおもしろく
特に「DISC 2」の元海幕長の古庄幸一氏との対談は
興味深い話の数々が収録されています。管理人おすすめ!


Vessel And Ships Photo Gallery 海上保安庁・船艇 海上保安庁・船艇の掲載リスト 船の写真館・VSPG 艦船の博物館・資料館・展示物の写真 サイトマップ 艦船の装備・兵装用語の説明



艦艇と船艇の写真館 Topへ  更新履歴




Copyright (C) Vessel And Ships Photo Gallery. All Rights Reserved.