特殊潜航艇「海龍」後期量産型 ・大和ミュージアム展示
特殊潜航艇「海龍」後期量産型
●特殊潜航艇「海龍」後期量産型
※「海龍」後期量産型
●全没排水量:19.268t
●主要寸法:全長17.28m×直径1.3m
●水上速力:7.4kt 水中速力:9.7kt
●主要装備:45センチ魚雷×2 頭部弾薬600キログラム
●乗員:2名
「海龍」は世界初の有翼潜水艇です。水中を飛行機のように自由に潜航、浮上することを目指して開発されたもので、操縦装置も飛行機と同じ物を使用していました。後期量産型では艇首に600キログラムの炸薬を装備し、両脇に抱えた2本の45センチ魚雷発射後、目標の艦艇に突入する「水中特攻兵器」となっていました。大和ミュージアム展示の「海龍」は、昭和20年、静岡県で艇尾部に米軍航空機のロケット弾の直撃をうけて沈没し、昭和53年に引き揚げられたものです。本土決戦に備え開発されましたが、特攻兵器として実戦で使用される事はありませんでした。
後期量産型の特徴として、司令塔前端に磁器コンパス(四式羅針儀)を装備しています。
※関連ページ:江田島・海自第一術科学校展示 特殊潜航艇「海龍」試作3号艇
写真をクリックして頂くと、大きい写真が見られます。(新規ウィンドウで開きます。)
特殊潜航艇「海龍」後期量産型
「海龍」弾頭部分 600キロの炸薬を装備していました。
艇尾のロケット弾直撃跡
特殊潜航艇「海龍」後期量産型
「海龍」弾頭部分 艇首に
600キロの炸薬を装備していました。
艇尾のロケット弾直撃跡
右舷上から 両サイドには45センチ魚雷
特殊潜航艇「海龍」後期量産型 解説
前端の円筒は四式磁器羅針儀
右舷上方向から
両サイドには45センチ魚雷
特殊潜航艇「海龍」後期量産型 解説
司令塔部分とハッチ
前端の円筒は四式磁器羅針儀
艇首左舷上方向から弾頭部分
艇尾部のロケット弾跡、後方上方向より
艇尾部 左舷後方より
艇首左舷上方向から弾頭部分
艇尾部のロケット弾跡、後方上方向より
艇尾部 左舷後方より

Vessel And Ships Photo Gallery 海上保安庁・船艇 海上保安庁・船艇の掲載リスト 海上自衛隊・艦艇 海上自衛隊・艦艇の掲載リスト 船の写真館・VSPG 特殊船・官庁船・その他の船



艦艇と船艇の写真館 Topへ  更新履歴





All Pages Copyright Vessel And Ships Photo Gallery