人間魚雷「回天」十型 試作型・大和ミュージアム展示
人間魚雷「回天」十型 試作型
●人間魚雷「回天」十型 試作型
※「回天」十型 試作型
●主要寸法:全長:9.0m×操縦室直径0.7m 胴体直径0.53m 総重量2,500kg
●推進装置:九二式魚雷
●速力:14kt
●航続距離:30000m
●乗員:1名
●弾頭炸薬量:300kg
人間魚雷「回天」は、人間が魚雷を操縦しながら、目標とする敵艦に体当たりする特攻兵器です。
「回天」には、一型・ニ型・四型・十型、などのタイプがあり実戦投入されたのは「九三式酸素魚雷」を用いた一型のみで終戦までに約420基が製造されました。山口県、徳山湾、大津島の訓練基地で訓練を受けた搭乗員は1375名。戦没者は搭乗員だけでも100名以上にのぼり、整備員も含めると145名の方が戦死されています。
「回天」十型 試作型は潜水艦用の電気推進魚雷である「九二式魚雷」を利用した、本土決戦の近距離用として開発されていましたが、開発途中で終戦を迎え実戦には使用されませんでした。
大和ミュージアムに展示される前、もともとは京都の料亭の庭に展示してあったものだそうです。
写真をクリックして頂くと、大きい写真が見られます。(新規ウィンドウで開きます。)
人間魚雷「回天」十型 試作型
右舷 前方より中央操舵室部分
右舷後方より スクリュー 舵
人間魚雷「回天」十型 試作型
右舷 前方より中央操舵室部分
右舷後方より スクリュー 舵
手前は潜望鏡
弾頭部分 雷体頭部ガード
縦舵 二重反転スクリュー
艇右舷全景 手前は潜望鏡
弾頭部分 雷体頭部ガード
縦舵 二重反転スクリュー
特攻兵器「回天」十型 試作型 解説
特攻兵器「回天」十型 試作型 解説

Vessel And Ships Photo Gallery 海上保安庁・船艇 海上保安庁・船艇の掲載リスト 海上自衛隊・艦艇 海上自衛隊・艦艇の掲載リスト 船の写真館・VSPG サイトマップ



艦艇と船艇の写真館 Topへ  更新履歴


Copyright (C) Vessel And Ships Photo Gallery. All Rights Reserved.