Auxiliary Ship Experiment ASE-6102 Asuka
 試験艦「あすか」 ASE-6102
ASE-6102・試験艦あすか
●Spec

●基準排水量:4250t/満載排水量6200t
●主要寸法:全長151.0m×幅17.3m×深さ10.0m×喫水5.0m
●エンジン:ガスタービン2基・エレクトリック1基(COGLAG)2軸 出力:43000PS
  ※電機推進試験終了のため現在はガスタービンのみで行動
●速力:約27kt
●船型:遮浪甲板型
●乗員:約70名(他に試験員100名)

 艦記号・番号・艦名
竣工
造船所
所属
定係港
備考
H07.03.22
住重浦賀
開発隊群直轄
横須賀

●平成4年度計画による海上自衛隊2隻目の試験艦です。新しい武器等の開発・試験を主任務としています。
●ミサイル時代に対応した新規開発品のテストベットとして大型化され、ASE-6101 くりはま に比べて基準排水量は4.5倍ほどふえ、試験、評価能力も著しく向上しています。
●試験業務への機関の影響を局限するとともに、艦首を砕波性のよい形状とするなど、随所に工夫が凝らされています。また艦内は各種試験機材の装備と撤去が容易なようにできており、試験評価室も備えています。
●新造時、主機にはCOGLAG方式を採用していますが、エレクトリック推進の試験が終了したため現在はガスタービンのみで行動しています。
●本艦で試作実用実験したフェーズド・アレイ方式で作動する射撃指揮装置FCS-3の量産機が 「ひゅうが」型 に装備されています。
●艦橋直前に試験発射用のVLS、前部水線下に長さ約50メートルの長大なソナーを有しています。
●個艦乗員以外に多数の試験員(技術研究本部やメーカーの技術者など)を乗せるため、艦内は護衛艦などに比べ広々としています。
●後部にヘリコプター発着甲板を有しています。

写真をクリックして頂くと、大きい写真が見られます。(新規ウィンドウで開きます。)
ASE-6102 試験艦あすか
ASE-6102 試験艦あすか
ASE-6102 試験艦あすか
ASE-6102 試験艦あすか 高知新港
ASE-6102 試験艦あすか
ASE-6102 試験艦あすか
艦首前甲板
艦橋前8セルのVLS
艦番号 6102
艦首前甲板
艦橋前 8セルのVLS
艦番号 6102
艦中央部
艦橋構造物
メインマスト
左舷前方より艦中央部
艦橋構造物
メインマスト
試験艦あすか 艦プレート
試験艦あすか 救命浮輪
射撃指揮装置FCS-3の試験用
試験艦あすか 艦プレート
試験艦あすか 救命浮輪
マスト
射撃指揮装置FCS-3の試験用
艦橋内
艦橋内
操舵コンソール 舵輪 速力指示装置
艦橋内
艦橋内
操舵コンソール 舵輪 速力指示装置
艦橋内 海図台
艦内通路
艦内通路 楯やプレートなど
艦橋内 海図台
艦内通路
艦内通路 楯やプレートなど
機関室
科員食堂
医務室
機関室
科員食堂
医務室
右舷側通路より艦首方向 救命筏
右舷 01内火艇
左舷 02内火艇
右舷側通路より艦首方向 救命筏
右舷 01内火艇
左舷 02内火艇
試験艦あすか 救命筏
後部飛行甲板と器材格納庫
器材格納庫内
試験艦あすか 救命筏
後部飛行甲板と器材格納庫
器材格納庫内
あすか 左舷艦尾方向より
きりさめ いかづち あすか
ASE-6102 あすか DD-107 いかづち
あすか 左舷艦尾方向より
きりさめ いかづち あすか
呉Eバース
ASE-6102 あすか DD-107 いかづち

Vessel And Ships Photo Gallery 海上保安庁・船艇 海上保安庁・船艇の掲載リスト 船の写真館・VSPG 艦船の博物館・資料館・展示物の写真 艦船用語の説明 サイトマップ



艦艇と船艇の写真館 Topへ  更新履歴



Copyright (C) Vessel And Ships Photo Gallery. All Rights Reserved.