Destroyer DD Asagiri Class
 汎用護衛艦「あさぎり」型
汎用護衛艦「あさぎり」型・DD Asagiri Class
●Spec

●基準排水量:3500t(はまぎり以降:3550t)/満載排水量:4900t(はまぎり以降:4950t)
●主要寸法:全長137.0m×幅14.6m×深さ8.8m×喫水4.5m
●エンジン:ガスタービン4基(COGAG)2軸 出力:54000PS
●速力:約30kt
●船型:長船首楼型
●乗員:約220名
●主要装備:62口径76mm単装速射砲×1 高性能20mm多銃身機関砲(CIWS)×2 アスロックSAM8連装発射機×1 短SAMシースパロー8連装発射機×1 ハープーンSSM4連装発射機×2 3連装短魚雷発射管×2
●哨戒ヘリコプター 1機搭載

 艦記号・番号・艦名
竣工
造船所
所属
定係港
備考
 1番艦 DD-151 あさぎり
S63.03.17
石播東京
直轄第14護衛隊
舞鶴
DD-151 → TV-3516 → DD-151
 2番艦 DD-152 やまぎり
H01.01.25
三井玉野
直轄第11護衛隊
横須賀
DD-152 → TV-3515 → DD-152
 3番艦 DD-153 ゆうぎり
H01.02.28
住重浦賀
直轄第11護衛隊
横須賀
 4番艦 DD-154 あまぎり
H01.03.17
石播東京
第2護衛隊群第2護衛隊
佐世保
 5番艦 DD-155 はまぎり
H02.01.31
日立舞鶴
直轄第15護衛隊
大湊
 6番艦 DD-156 せとぎり
H02.02.14
住重浦賀
第3護衛隊群第7護衛隊
大湊
 7番艦 DD-157 さわぎり
H02.03.06
三菱長崎
直轄第13護衛隊
佐世保
 8番艦 DD-158 うみぎり
H03.03.12
石播東京
直轄第12護衛隊
●昭和63〜平成3年に8隻就役した改"「はつゆき」型"の汎用護衛艦です。
●1、2番艦が練習艦に種別変更されたため、現在護衛艦籍にあるのは6隻です。
●兵装は「はつゆき」型と基本的に同じですが、フォークランド紛争の戦訓により、上部構造物の鋼製化など、坑堪性向上のため各種の対策を施した結果、船体寸法が大きくなり基準排水量は3500トンに増加しました。また推進プラントも「COGOG方式」から「COGAG方式」に改められています。
●はつゆき型の運用実績から、情報処理能力の向上、水中放射雑音の軽減が図られるなど、数々の改善策も施されています。
●外観上の大きな特徴は、2本のラティス・マストで、1番マストにはレーダー類、2番マストに(NOLR-6C電子戦装置)ESMアンテナを装備しています。
●排気を前後の煙突で2基ずつ分担していますが、煙突はいわゆるシフト配置で、前部が左舷側、後部は右舷側に寄っています。また後部煙突はヘリコプター格納庫と一体型になっており、これも外観上の大きな特徴になっています。
●上構や煙突、ヘリコプター格納庫の形状は、次世代の「むらさめ」型「たかなみ」型に比べ、ステルス性の上では不利なデザインになっています。
●2番艦「やまぎり」は、平成16年3月18日練習艦 TV-3515 に種別変更され、その後、平成23年3月16日、護衛艦 DD-152 に戻されています。
●1番艦「あさぎり」は、平成17年2月16日練習艦 TV-3516 に種別変更され、その後、平成24年3月14日、護衛艦 DD-151 に戻されています。
写真をクリックして頂くと、大きい写真が見られます。(新規ウィンドウで開きます。)
DD-154・護衛艦あまぎり
DD-157・護衛艦さわぎり
DD-158 うみぎり
DD-156 せとぎり
TV-3515 練習艦やまぎり
TV-3516 練習艦あさぎり
さわぎり タグに押されて回頭中
DD-154 あまぎり 入渠中
DD-158 うみぎり DD-154 あまぎり
DD-157 さわぎり
DD-154 あまぎり
DD-158 うみぎり DD-154 あまぎり
DD-158・護衛艦うみぎり
DD-158 うみぎり DD-131 せとゆき
TV-3513 しまゆき TV-3516 あさぎり
DD-158 うみぎり
DD-158 うみぎり DD-131 せとゆき
TV-3513 しまゆき TV-3516 あさぎり

Vessel And Ships Photo Gallery 海上保安庁・船艇 海上保安庁・船艇の掲載リスト 艦船の博物館・資料館・展示物の写真 船の写真館・VSPG 艦船の装備・兵装用語の説明 サイトマップ



艦艇と船艇の写真館 Topへ  艦船・艦艇に関する本・DVDの紹介  更新履歴


Copyright (C) Vessel And Ships Photo Gallery. All Rights Reserved.