Guided Missile Destroyer DDG Atago Class
 対空誘導弾搭載護衛艦「あたご」型 イージス護衛艦
イージス護衛艦「あたご」型
●Spec

●基準排水量:7700t/満載排水量:10000t
●主要寸法:全長165.0m×幅21.0m×深さ12.0m×喫水6.2m
●エンジン:ガスタービン4基(COGAG)2軸 出力:100000PS
●速力:約30kt
●船型:平甲板型(遮浪甲板型)
●乗員:約310名
●主要装備:127mm62口径単装連射砲(Mk45 Mod4)×1 高性能20mm多銃身機関砲CIWS(ブロック1B)×2 対艦ミサイル・90式SSM発射筒×2 スタンダードSAM/アスロックSUM・VLS(Mk41)×2(前64+後32セル) 3連装短魚雷発射管×2 イージス防空システム

 艦記号・番号・艦名
竣工
造船所
所属
定係港
備考
H19.03.15
三菱長崎
第3護衛隊群第3護衛隊
舞鶴
H20.03.13
三菱長崎
第2護衛隊群第2護衛隊
佐世保

●海上自衛隊 2タイプ目のイージス艦で、第2世代のDDG(非イージス艦)「たちかぜ」型 2隻「たちかぜ」「あさかぜ」の代艦です。
●基本的デザインは「こんごう」型の発展型ですが、鋭いエッジと傾斜で構成された上構や煙突、マストを「こんごう」型建造時に疑問視されたラティス型から塔型に変更、前甲板127ミリ砲もステルスシールドタイプにするなど、船体各所に徹底したステルス対策が盛り込まれています。
●海自イージス艦で初めて、ヘリコプター(SH-60Kクラス)1機分の搭載格納庫を備えています。
●マスト・トップにはミサイル護衛艦として初めて、タカン/TACAN(航空機誘導装置)が装備されています。
●Mk41VLSの配置は、前甲板が64セル、ヘリコプター格納庫上が32セルで「こんごう」型とは前後逆になっています。またこの部分で「こんごう」型より船体全長が4メートル長くなっています。
●SPY-1D(V)フェーズド・アレイ・レーダー後方の2面は、ヘリコプター格納庫等、後部構造物からの射界確保のため「こんごう」型よりも1甲板レベル高い位置に装着されています。
竣工時イージス戦闘システムは、最新バージョンのベースライン7.1で、システムとネットワーク全体の大幅な能力の向上が図られています。
●1番艦「あたご」は平成20年2月19日午前4時すぎ、房総半島野島崎沖で、漁船「清徳丸」と衝突し同船乗組員2名が行方不明となる事故を起こしています。
●1番艦「あたご」は平成28年から平成29年にかけての第一期改修工事で、イージス戦闘システムをベースライン9にアップデートされています。

写真をクリックして頂くと、大きい写真が見られます。(新規ウィンドウで開きます。)
DDG-177 護衛艦あたご
DDG-178 護衛艦あしがら
DDG-177 護衛艦あたご
DDG-177 あたご
DDG-178 護衛艦あしがら
DDG-177 護衛艦あたご
DDG-178 護衛艦あしがら
DDG-178 あしがら 高知新港
DDG-177 あたご 舞鶴北吸桟橋
DDG-178 あしがら
DDG-175 みょうこう DDG-177 あたご
DDH-144 くらま DDG-178 あしがら
DDG-175 みょうこう DDG-177 あたご
DDG-175 みょうこう DDG-177 あたご
DDH-144 くらま DDG-178 あしがら
DDG-175 みょうこう DDG-177 あたご
DDG-178 護衛艦あしがら
あたご艦尾 満艦飾
あしがら 右舷艦尾方向より
あしがら 右舷
あたご 艦尾
あしがら 左舷艦尾方向より
  護衛艦「あたご」型、参考書籍・DVD  

Vessel And Ships Photo Gallery 海上保安庁・船艇 海上保安庁・船艇の掲載リスト 艦船の博物館・資料館・展示物の写真 船の写真館・VSPG サイトマップ 艦船の装備・兵装用語の説明



艦艇と船艇の写真館 Topへ  更新履歴



Copyright (C) Vessel And Ships Photo Gallery. All Rights Reserved.